ホテル椿山荘東京にて懇親会を開催いたしました

こんにちは、株式会社プレミアバンクCOO(最高執行責任者)の吉田哲郎です。

先日、ホテル椿山荘東京にて株式会社プレミアバンクの懇親会を開催いたしました。
今回は60名以上のお客様にお越しいただき、天候にも恵まれ無事に開催することができました。お忙しい中、遠くまでお越しいただき誠にありがとうございます。

また、開催するにあたり、年末の忙しい時期に準備を進めていただいたホテルスタッフの皆様、社員の皆様にも感謝申し上げます。ご対応ありがとうございました。

株式会社プレミアバンクは、皆様のご支援のおかげで今月2017年12月で第八期を迎えます。おかげさまでお付き合いいただけるお客様も着実に増えており、現状に満足することなく来期も「顧客の利益と会社の利益の両立」を追求して参ります。

お付き合いが長くなるほど、お客様より励ましや優しいお言葉だけでなく、時には厳しいお言葉もいただきますが、私自身やプレミアバンクのことを想ってご指摘を頂けることは大変ありがたいことで、このことに感謝をしながら、これからも自己成長を目指していきます。

懇親会では、すべてのお客様とお話しするお時間がございませんでしたが、皆様とお逢いし、ご挨拶だけでも出来たことを嬉しく感じます。

普段から一ヶ月の半分以上はお付き合いいただいているお客様をお訪ねし、また、これからお取引いただく新しいお客様にもお会いしています。特に初めてお会いする方は、緊張されることもありますが、回数を重ねるごとに笑顔が増え、安心してお取引くださったり、身近にあった楽しい出来事や普段のお悩みなどを相談される時には、良きパートナーとして認めていただいているようで嬉しく思います。

入社前から変わらずに考えていることですが、お客様には無理なお取引の提案はせず、お客様が安心して喜んでいただける提案を心掛けています。

こちらの一方的な契約では、会社の利益は追求できるかもしれませんが、決して顧客満足には繋がりません。顧客満足があり、その後に利益があると私は考えています。簡単なことではありませんが、出来るだけお客様のところに足を運び、対面してお話をさせて頂くことも大切だと考えています。

私自身まだまだ未熟ではございますが、第八期に向け、お客様のためにも更なる成長を目指して参ります。どうぞこれからも、変わらぬご愛顧のほどお願い申し上げます。


コメントを残す