超優良企業8つの条件

こんにちは、株式会社プレミアバンクCOO(最高執行責任者)の吉田哲郎です。本日は、株式会社プレミアバンクが掲げている超優良企業8つの条件をご紹介します。

①行動の重視

②顧客に密着する

③自主性と企業家精神

④ひとを通じての生産性向上

⑤価値観に基づく実践

⑥基軸から離れない

⑦単純な組織・小さな本社

⑧厳しさと緩やかさの両面を同時に持つ

この中でも特に、行動の重視と顧客に密着することを意識して取り組んでいます。

行動の重視で大切なことは、意識を変え行動に移すということです。仕事を進めるうえで良い結果が出なかったり、なかなか結果が変わらないという時がありますが、そこには原因が存在します。

その原因を明らかにしていくためには、なぜ良い結果が出ないのか、なぜ結果が変わらないのかということを追求することが必要です。それを追求し続けると意識が変わり、そして意識が変わることにより結果が変わります。

逆に意識が変わらなければ行動も変わらず、行動が変わらなければ結果が変わらないということになります。

ただ心の中で思っていたり、考えているだけではなかなか結果は変わりません。意識を行動に移し、取り組み方を変えることによって結果を変えることが出来ます。

顧客との密着は、週の半分以上お客様回りをすることで現場の声を集めています。

すでにお取引いただいているお客様や、これからお客様になっていただく方にお会いすることで、多くの学びや期待の声もいただいております。

一方的な話や提案ではなく、お客様の気持ちや心を理解し、その上で何を望んでいるのかを感じ取り提案するように心掛けています。

これからもお客様の立場で考え、良い提案を出来るよう取り組んで参ります。


コメントを残す