祝!湘南ベルマーレJ1昇格

株式会社プレミアバンクとオフィシャルクラブパートナー契約を締結しているサッカーJ2湘南ベルマーレがJ1に昇格決定いたしました。湘南ベルマーレは平塚市に拠点を置き、市民・行政・企業との密な連携を図りながら株式会社とNPO法人を組織し、地域に根差した活動を展開しています。

湘南ベルマーレの歴史は古く、1968年に建設会社フジタを母体とする藤和不動産サッカー部として創部しました。1994年にはベルマーレ平塚としてJリーグに参入し、J初年度のニコスシリーズでは優勝争いを演じ、天皇杯を制覇しました。これにより出場権を得た翌年のアジアカップウィナーズカップでも優勝を果たし、「湘南の暴れん坊」「ベルマーレ旋風」という言葉を生んだといわれています。

そんなベルマーレも順調にここまで来たのではなく、1999年には不況の影響を受け親会社のフジタがスポンサーから撤退したり、その影響での主力選手らがチームを離脱しJ2に降格しました。

同年に、チーム運営を湘南ベルマーレ平塚から営業権を引き継ぐ形で新法人湘南ベルマーレを設立となりました。サポーターの熱意に支えられ、親会社を持たない市民クラブ「湘南ベルマーレ」が誕生しました。

現在では「共走」をチームスローガンに掲げ、地域に密着し多くのサポーターにも支えられています。J1での活躍も期待し、株式会社プレミアバンクも第8期に向けてチーム一丸となり取り組んで参ります。


コメントを残す